俺の目!日記
日常を適当につづった日記です!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題
とっくに帰ってきたアメリカ旅行の話もまだ終わっていないのだが、ここらで近況など。
天気が変です
バンクーバーの。
一週間半ほど前からずーーーーーーっと雨が降り続き、その結果として
水道から茶色い水が出てくるようになりました。
シャワーやトイレの水なんかも全部。
新聞などの話によると、貯水場に土砂が流れ込んだのが原因らしいがあまりはっきりしていない。
一週間以上たった今も復旧しないのはお国柄なのだろうか?
政府は「水を飲むときは一分以上煮沸してから飲んでね☆」と言っているが、何分煮沸しようが色が茶色いままなのであまり飲む気にならない。
ペットボトルの水の売り切れなどがおこり、客同士で喧嘩をする事件もあったりして、なんだかなぁ~という感じ。
ちなみに街に腐るほどあるスターバックスでもしばらくコーヒーの販売を中止していた。売っているのはおかしと牛乳からつくる商品のみ。
問題が長期化することがわかってからペットボトルの水を使いコーヒーの販売を再開したが、っていうことは普段は水道水で作ってるってことだ。
それで400円近くとるのはいかがなものか。
そんななか昨日ようやく久しぶに雨があがり、あいかわらずの曇天ではあったものの、傘なしの外出を楽しんでいた。
だがしかし!!なんと夕方から今度は大量の雪が。
夜には一面雪景色にはやがわり・・・。カナダの都市には珍しくバンクーバーには雪よりも雨がが多く降る。
そのため、以外にも雪には弱くバスや電車がさっそくストップしていた。
そして今朝起きて外をみると、雪の勢いは増しており雪は降り積もるばかり。予定していた外出もとりやめて家でだらだらすごすことになった。
明日にはやむということだが、しばらく0℃以下の気温が続くため雪は残るらしい。
来週は学校最後の週なのに大丈夫かなぁ。
yuki.jpg


スポンサーサイト
アメリカ西海岸の旅(4日目)
今日はラスベガスからグランドキャニオンに行く日。
通常ラスベガスから参加する日帰りグランドキャニオンツアーは朝6時に出発。
我々も8時には出発する予定だったが、連日の強行軍による疲労のため8時出発という提案に誰も同意しなかった。
結局9時半出発に予定を変更しゆっくりと出発することに。
と・こ・ろ・が
やはりみんな疲れているのか出発の準備がはかどらず、結局10時半に出発した。
本日のドライバーはワタクシ。
ラスベガスを通り越しひたすら東へひた走る。
予想通り、すぐに砂漠の一本道になったので140キロ平均で進むことができた。
昼過ぎにフーバーダムに到着。S君を除いて誰1人としてこのダムのことをしらなかったのだが、世界最大のコンクリート建築にしてラスベガスをはじめ近隣都市の電力を一手にまかなう巨大発電所でもある超有名なところだそうだ。
しかも、なぜかアーミーの特殊訓練も実施されておりロープを使ってコンクリートを駆け上がったり、下ったりしていた。

dam.jpg


dam2.jpg


[READ MORE...]
アメリカ西部縦断の旅(3日目)
朝起きると俺が一番遅くまで寝ていたらしく、周りはばたばたと用意をし始めていた。
S君の身支度も終わっていたので、シャワーを浴びることに。
半年のカナダ生活になれたおかげでホースなし、壁埋め込み式シャワーになんの違和感も感じない。
むしろ両手が空いて便利だぜー!と感じ始めたほどだ。
支度を終え隣の様子を見るとAさんとJさんがおにぎりを作り終えていた。
白銀に輝く米。この上ない贅沢。
先日日本に帰国した友達の置き土産であるインスタント味噌汁を作りみなに配る。
なんだか旅館に来ているみたいな気分になった。
モーテルの外に出るとそこはあいかわらず砂漠。
夜には気がつかなかった景色が待ち構えていた。

20061108164652.jpg


昨日の遭難事件があったからか、今朝はなんだか感慨深い。
(;´▽`)生きててよかった
ちなみに昨日はこんなところで迷ってましたよ。

20061108170343.jpg

 
20061108170409.jpg


[READ MORE...]
アメリカ西部縦断の旅(二日目)
寝た。とにかく寝た。二時間ほど。
二時間寝た後、目を覚まし外の景色を見る。
コレ本物の砂漠じゃないすか・・・
もう寝てられないデス。はい。
1.jpg

 
140キロで砂漠の一本道を走るわれらがシボレー。
S君の夢「砂漠でイージーライダーを聴く」をかなえつつ走り続ける。
途中で信じられないものを見た。
轢死したバッファローが道の真ん中に横たわっていたのだ。
反対車線で助かったが、あれははねた車もダメージ大きかっただろうな・・・。
昼食の時間となり店を探すがなかなか人里がない。
やっとの思いで見つけたレストランでハンバーガーを食べた。

4.jpg


5.jpg


味はなんていうか・・・ケチャップの味でした。
お店のおばさんの話によると、ここら辺のエリアには(具体的にどのエリアを指しているかはわからない)30人しか住んでいないとのこと。
この広大な砂漠に30人とは・・・。すんごい寂しいだろうな・・・。
そのままケビンに運転をまかせ、砂漠の町イーリーを目指す。



[READ MORE...]
アメリカ西部縦断の旅!(初日)
ついにキタ。
一ヶ月前には予想もしなかったメンバーでの旅の初日。
ケビン、ビボとバラードステーションで待ち合わせ車を借りに行った。
AさんとJさんは今日の午前中まで学校があるのだ。
レンタカーショップへ行き、8日間のパートナーとなる車を見る。
用意されていた車は「シボレー・アップランダー」だった。
アメ車キタこれ!(・д・)!
簡単に言うとホンダのオデッセイやストリームのような7人乗りミニバン。
最初は故障の少なさから日本車だったらいいなぁとか思っていたが、アメリカをアメ車で走らなくてどーするよ!って気持ちにはやがわり。
あずきメタリックなボディー色もシャア専用っぽくて男心をくすぐった。
さぁ出発だ!と思った瞬間予期せぬことが。
予約時には知らされていなかったが、走行距離が5000キロを超えた場合、1000キロにつき200ドル超過料金を取るというのだ。
なにー!聞いてねぇぞゴルァア!(`д´)
と食い下がったが、こっちではそれが当然らしい。
昨年借りた大手ハーツではそんなこと言われなかったのになぁ。と思い調べたら、昨年はハーツの「フリーマイルサービス」に知らないうちに入っていたっぽい。
いまさらキャンセルしても出発が遅れるだけなので、その条件をのみ出発。
AさんとJさんを学校に迎えに行きいよいよ出発。
とりあえずフリーマイルではないことを説明し、承諾を得た。
その足で今度はバンクーバー国際空港へ。一時間ほど前に到着しているS君を拾うためだ。
空港の駐車場は高いので、到着ロビー近くに車を止めてダッシュ!
すぐさまS君を捕まえ車に戻る。
あまりのあわただしさにキョトンとするS君。
半年前と変わらぬ顔だ。
車の中で自己紹介をし、一路ヤオハンへ。
水と米を買うためだ。
水は一本で買うと1ドル以上するくせに、まとめて買うと24本で5ドルだったりとおかしな値段設定なので買っておくことにした。
そして米はおにぎりを作るためのもの。
今回俺が炊飯器を持参したので、モーテルで米を炊き女性陣がおにぎりをにぎり昼飯をレストランで食う時間と金を節約しようということにしたのだ。
バンクーバーであれば米を入手することはたやすい。
ヤオハンで5キロの米を5ドルで購入。水とおかしもゲットした。
そのまま昼飯を食い、シアトルへと南下する・・・つもりだったのだが
道に迷うおちゃめな俺たち。
まさに灯台もと暗し
アメリカの国道はばっちり調べたのだが、シアトルとの国境までの道はおざなりだった。
バンクーバーに半年住んでる奴らが4人も揃いこのていたらく。
S君とビボの視線が突き刺さる。
なんとか国境への道にたどりつき、30分ほどで国境についたのだった。



[READ MORE...]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。